エンジン構造どこまで知ってる?DOHC、SOHC、OHV、SV

自動車のエンジンには多数の種類があります。
その中でもカムシャフトに注目しても種類があります。
大きく分けると3つの形式があります。
最初に、DOHCと呼ばれるダブル・オーバーヘッド・カムシャフトです。
これは、吸気バルブと排気バルブをそれぞれ別々のカムシャフトが制御しているものです。
2本のカムシャフトがあることがら、ダブルと言う言葉が入っています。
吸気、排気のタイミングをそれぞれ独立して制御できるため、エンジン出力や燃費に関して有利になります。
しかし、構造が複雑なことから他の形式に比べると高額になります。
次に。SOHCと呼ばれるシングル・オーバーヘッド・カムシャフトです。
これは、吸気バルブと排気バルブの開閉を一本のカムシャフトで制御しているエンジン形式です。
構造もシンプルで、パーツ点数も少ないことから他の構造に比べて安価になってきます。
また、整備性が良いことも利点です。
しかし、複雑な吸排気タイミングの制御が出来ないため、それぞれの回転数に見合ったベストなエンジン出力が取れないことがあります。
最後にOHVと呼ばれる方式で、オーバー・ヘッド・バルブの事を指します。
これは現在あまり採用されない形式になっています。

Comments are closed.