燃料比較!ガソリン、軽油、オクタン値

ガソリンを入れる際にハイオクとレギュラーという表記があります。現在では軽油もハイオク表示されている場合もあります。このハイオクとレギュラーの違いはオクタン値と呼ばえる数値の違いです。ハイオクは95位上、レギュラーは90位上を示すことが多いようです。この数値はJISで決められていますが、日本だけの基準であり、他国では表記は一緒でも値が違ってきます。例えばヨーロッパではレギュラーで95位上の値があります。そのため、日本でヨーロッパ車を購入した場合は現地でレギュラーを入れても良いと言っても日本ではハイオク指定となります。また、アメリカの場合はさらに数値がことなっており、ハイオクでも日本やヨーロッパよりも値が低いこともあり、地域によってかなり異なるので注意が必要です。以前は車を販売しいている地域でディーラーなどが説明をする事が多かったですが、現在では値を車側でチェックして自動的にエンジンの出力を調整する車が増えています。ただし、ハイオク指定の車にレギュラーが入ると著しくエンジン出力を落とすことがありますので注意が必要です。また、どうしてもハイオクが手に入らない場合にはレギュラーを3分の1まで入れられるという車もありますが、あくまでも指定の値の燃料を入れることが大事です

Comments are closed.